シストレで夢実現します!

一目均衡表

 

一目均衡表とは

 

これほど奥が深い指標も珍しいのではないでしょうか。

一目均衡表とは一目山人(本名、細田悟一)が延べ2000人のスタッフ(学生)とおよそ
7年の歳月をかけて完成させた相場分析手法です。

 

一目均衡表は、「基準線」、「転換線」、「先行スパン1」、「先行スパン2」、「遅行スパン」から構成されています。

それぞれは以下のように定められています。

 

・転換線=(過去9日間の高値+安値)÷2

・基準線=(過去26日間の高値+安値)÷2

・先行スパン1={(転換値+基準値)÷2}を26日先にずらしたもの

・先行スパン2={(過去52日間の高値+安値)÷2}を26日先にずらしたもの

・遅行スパン=(本日の終値)を26日前にずらしたもの

 

使用例としては
先行スパンAと先行スパンBの間にはさまれたゾーンを抵抗帯(雲)と位置づけ、

現在の株価が抵抗帯より上にあれば、抵抗帯が下値支持帯、

現在の株価が抵抗帯より下にあれば、抵抗帯が上値抵抗帯となります。
その他、転換線が基準線のクロス、ローソク足と転換線のクロスなどを重視します。

 

指標として使える?

 

今プロアマを問わず、最も人気があるのが、この指標と言っても過言ではないと思います。

習得は容易ではありませんが、見につけることができたら大いなる力となることは間違いないのではないかと思います。

 

Back >> ボリンジャーバンド

Homeへ

 

ちょっと一息。リラックス。

私のおすすめツール

今熱い戦略