シストレで夢実現します!

RSI(相対力指数)

 

RSIとは

 

RSIとは『買われすぎ、売られすぎ』を見る指標の一つで、日本語では『相対力指数』と呼ばれます。

 

通常14日間をベースとして計算されます。

計算式は以下の通り。

 

RSI = A/(A+B) × 100%

A = (14)日間における値上がり幅の合計

B = (14)日間における値下がり幅の合計

 

RSIは0%から100%の間で推移しますが、

70%以上は買われすぎ=A30%以下は売られすぎ≠フ水準として用いられます。

 

rsiチャート例

RSIチャート例

 

指標として使える?

 

単独ではなかなか効果はでません。(あくまで私の検証の結果ですが・・・)

ですが、他の指標と合わせて用いることで効果を発揮します。

例えば、逆張り戦略の代表格『3点チャージ(オリジナル)』でも

VRや移動平均線の乖離率と合わせてRSI(14日)が25以下≠ニして利用されています。

 

Next >> VR(ボリュームレシオ)

Back >> 出来高

Homeへ

 

ちょっと一息。リラックス。

私のおすすめツール

今熱い戦略