シストレで夢実現します!

一目均衡表の三役好転


前ページの一目均衡表の雲抜けは厚い雲を抜けたら買いというものでした。

今回の一目均衡表の三役好転は

 

・転換線>基準線

・遅行線>終値

・終値>雲

 

の3つが揃えば買い。

というものです。

 

検証ルール

 

買いルール

・転換線 (9日) が 基準線 (26日) より上

・遅行スパン (26日) が 過去の終値 より上

・終値 が 雲 (スパン1=9,26; スパン2=52; 先行=26) の 上

売りルール

 

決済ルール ・仕掛けから 暦日数 で 30日 が経過 (期限切れ)

 

銘柄 全市場銘柄
検証期間 1990年1月〜2007年12月

 

検証結果

 

トレード数
勝率
平均損益※
平均期間
91592回
47.64%
17,131円
30.97日

※1トレード100万円として計算

(検証にはパイロン≠使用)

 

コメント

 

先ほどの一目均衡表の雲抜けは平均期間が長く、あまり実用的ではありませんでしたが、

今回は平均期間が約30日と実用的であるかと思います。

これだけ見てもどの程度有効なのか分かりにくいかと思いますが、

例えば平均期間が同程度のゴールデンクロス(短期と)比較をしてみます。

 

■ゴールデンクロス(短期)

トレード数
勝率
平均損益※
平均期間
55880回
36.74%
12,321円
34.40日

 

いかがでしょうか?

トレード回数、勝率、平均損益、平均期間どれをとっても

ゴールデンクロス(短期)よりは成績が向上していることがわかります。

 

色んな戦術を検証してみて、成績の比較をしてみることも大切なことです。

 

Back >> 一目均衡表の雲抜け

Homeへ