シストレで夢実現します!

おすすめソフト

 

検証を行う際に必要となるのが、検証用ソフト。

エクセルのVBA等を利用して自身で作ることも可能ですが、私は市販ソフトを購入することをおすすめします。

自身でソフトを作るには、膨大な時間が必要ですし、一つのバグがとてつもなく大きな損失となってかえってくる可能性があります。

 

ここでは、私のおすすめ検証用ソフトを紹介します。

 

おすすめソフト@

 

イザナミ

お馴染みのパイロン・検証くんと同様に直感的な操作で検証を行うことができます。

このソフトが他のソフトよりも優れている点は『分散投資する銘柄数、運用開始資金、運用資金の分配率などが指定が可能』なことです。システムトレードにおいて、分散投資は非常に重要です。どの程度分散するのが最も安全で効果的かを知ることができれば、同一のルールの使用でも結果が全く異なってきます。無料体験版がしようできますので、当サイトで紹介されている戦略を資産分散率等を変えて試してみてください!きっと素晴らしい発見がたくさんあると思います!

 

私が検証を始めた頃にはこのソフトが無かったんです(;へ;)もちろん、パイロンは素晴らしいですが、"資産分散"を考慮した検証がどれほど大切なことか・・・

これから検証ソフトを購入する予定ならば、間違いなくイザナミがいいと思います!

 

開発

プログラムを書く必要なく、ルールをマウスで選択するだけで、戦略を開発できます。使用可能なテクニカル指標も多彩です。

検証

開発した戦略に対して、2000年からのデータを使用して検証を行うことができます。

分析

チャートとシグナル点灯のタイミングを見ながら、分析が可能なので、どこに問題があるのかが手に取るように分かります。

また分散投資する銘柄数、運用開始資金、運用資金の分配率などが指定が可能です。

シグナル検出 開発した戦略に基づき、シグナルを検出することができます。

 

おすすめソフトA

 

シストレ魂

株式投資において、「複数のストラテジーを同時に走らせる機能」を初めて搭載した本格検証ソフト。

その他の機能も非常に優れていて申し分ありませんが、この複数ストラテジーにおけるバックテストができる点は本当に素晴らしいです。

開発

資金管理機能はもちろん、複数のストラテジーを同時に走らせる機能や、実際のポジションや資金余力に応じた売買指示を出してくれる点が素晴らしいです。またテクニカル指標も実に多彩で自由度が非常に高いです。

検証

1990年〜現在までのデータを使用し検証する事が可能。

(データゲットのデータ利用)

分析 「時系列」・「年度別」・「銘柄別」・「業種別」・「価格帯別」・「損益率ヒストグラム」等、実に多彩な出力結果を元に詳細な分析が可能です。
シグナル検出 スクリーニングというよりは、バックテストの一つの機能として、実際のポジションや資金余力におじた売買指示を出してくれます。非常にありがたい機能です。

 

 

おすすめソフトB

 

GeneticOptimizer

非常に安価な検証用ソフト。安価ながらも基本的なルールを用いた検証には問題ありません。

システムトレードを行いたいが、今はまだ資金を削りたくないという方におすすめです!

開発

プログラムを書く必要なく、ルールをマウスで選択するだけで、戦略を開発できます。使用可能なテクニカル指標は基本的なものです。

検証

過去のデータを使用して、検証を行うことができます。

分析 遺伝アルゴリズムに基づき、ソフトが自動的に最適なテクニカル値やストップ値を算出してくれます。
シグナル検出 検出はできません。そのため、各証券会社等の提供しているスクリーニング機能を使用する必要があります。

 

 

おすすめソフトC

 

Trade Station

おそらく検証用ソフトの中で最も自由度が高いのがこのトレードステーション。

EasyLanguageという検証専用のプログラミング言語で戦略を記述する必要があります。

敷居は高いですが、使いこなせばアイデアを忠実に再現できると思います。

開発

EasyLanguageという投資専門のプログラミング言語を用いて、戦略の開発を行うことができます。敷居は高いですが、その分自由度は高いです。

検証 本家サイトで確認お願いします
分析 本家サイトで確認お願いします
シグナル検出 開発した戦略に基づき、シグナルを検出することができます。またデイトレードにも対応しており、リアルタイムでシグナルを検出することが出来ます。
自動売買 日経225、TOPIX、為替を対象に、証券会社のAPIを利用することで自動売買を可能としています。

 

おすすめソフトD

 

OmegaChart

フリーの検証用ソフトでは最も有用な検証・スクリーニングソフト。

XMLという言語で戦略を記述し、検証を行うことができます。

ただ、フリーソフトであるがゆえにデータの取得等が不安定なことがあります。

現在OmegaChartの開発者が後継ソフトウェアを作成中とのことです。

開発

XMLという汎用プログラミング言語を利用して、戦略を記述することができます。

検証 記述した戦略に対して、検証を行うことができます。これが多くの他のフリーチャートソフトとOmegaChartの違いです。
シグナル検出 開発した戦略に対し、スクリーニングを行うことができます。

 

Homeへ

 

ちょっと一息。リラックス。

私のおすすめツール

今熱い戦略