シストレで夢実現します!

三尊・逆三尊

 

Wトップ、Wボトムと同様で、天井圏、底圏で登場するパターン。

ヘッド・アンド・ショルダーとも呼ばれ、信頼性の高いパターンです。

 

三尊

 

三尊の天井形成の例。左肩(A点)と右肩(E点)がほぼ同じ高さにある。頭の部分(C点)はどちらの方よりも高い。おのおののピークでは取引高が減少することにも注目。

このパターンはネックラインを下に切って完成します。ネックラインまで戻る反発もあるが、その場合でもネックラインを再び上に切ることはほとんどない。


三尊

三尊の形成パターン例

 

逆三尊

三尊を鏡に映したもの。底圏でよく見られるパターンである。

動き方は三尊を鏡に映したものと考えてもらえばよいが、決定的な違いは取引量である。

頭の部分から始まるラリーにおいて取引高は増加し、ネックラインを突破する際には急増する。

通常の三尊と比較して、ネックラインまでの揺り戻しが起こる可能性が高い。

 

逆三尊

逆三尊形成のパターン例

 

Back>> Wボトム(Wトップ)

Homeへ

 

ちょっと一息。リラックス。

私のおすすめツール

今熱い戦略