シストレで夢実現します!

グランビルの法則

 

米国の有名な株式アナリストであるJoseph E. Granvilleが、移動平均線と株価の関係より導いた経験則は、「グランビルの法則」と呼ばれています。

この法則は、移動平均線と価格の位置関係に注目したもので、

売・買のシグナルをそれぞれ4つのパターンにまとめています。

買いシグナル

 

1. 移動平均線が下降を続けた後に、横ばい、もしくは上向きかけている状態で、価格が移動平均線を上回った時。
2. 移動平均線が上昇している時に、価格が移動平均線を下回った場合。
3. 価格が上昇基調の移動平均線の上にあり、移動平均線に向って下降してきたが、移動平均線を割り込むことなく再度上昇に転じた場合。
4. 価格が下降しつつある移動平均線から、相場が大きくかけ離れて下落した場合(短期的自律反発)。

 

グランビルの法則1
グランビルの法則2
パターン1
パターン2
グランビルの法則3
グランビルの法則4
パターン3
パターン4

 

売りシグナル

 

1. 移動平均線が長期上昇の後で横ばい、もしくは下降を開始した状態で、価格が移動平均線を下回った時。
2. 移動平均線が下降している時に、価格が移動平均線を上回った時。
3. 価格が下降基調の移動平均線の下にあり、移動平均線に向って上昇してきたが、移動平均線を通り抜けることなく再度下降に転じた場合。
4. 価格が上昇しつつある移動平均線から、相場が大きくかけ離れて上昇した場合(短期的修正)。

 

グランビルの法則5
グランビルの法則6
パターン1
パターン2
グランビルの法則7
グランビルの法則8
パターン3
パターン4

 

私が開発した戦略もこのグランビルの法則に基づいています。

興味のある方は、ご覧ください⇒グランビルもどき

 

Next >> Wボトム(Wトップ)

Homeへ

 

ちょっと一息。リラックス。

私のおすすめツール

今熱い戦略