シストレで夢実現します!

サポートとレジスタンスの心理的背景

 

チャートがサポートとレジスタンスで反発しながら動いていくということは、ほぼ全ての投資家の方が知っていることであると思うが、その心理的背景≠ノついては理解されていない方も多いのではないだろうか。少しややこしい話になってしまうが、ご勘弁を。

 

ここでは、マーケットの参加者を次の3つに分類して説明する。

 

買い持ちしている人

売り持ちしている人

ポジションを持っていない人

 

さて、ここでチャートがサポートレベルでもみ合った後上昇し始めたとする。すると、

買い持ちしている人は喜ぶ。が、同時にもっと買っておくべきだったと後悔し、再びサポート付近まで戻れば買い増すであろう。

売り持ちしている人は自分の判断が間違っていたと疑うであろう。株価が元に戻ることを祈る。そして、元に戻れば買い戻すであろう。

ポジションを持っていない人は、上昇の現実を目の前にし、次の買いのチャンスを狙っている。

 

これで、3パターン全ての人が押し目買いを狙っていることになる。

当然株価がサポート付近まで下がれば、この人たちの買い意欲で株価は上昇するであろう。

 

そのため、サポート付近での取引量が多ければ多いほど、その信頼性は増す

 

ここまでの話理解いただけたであろうか?

チャートの動きの心理的背景を知ることは、戦略の開発に大いに役立つはずです。

 

Next >> トレンドライン

Back >> サポートとレジスタンス

Homeへ

 

ちょっと一息。リラックス。

私のおすすめツール

今熱い戦略